Summary

  • レバンドフスキがブンデスリーガ通算166得点目
  • ブンデスリーガ歴代得点ランキング10位タイに
  • 日本代表がW杯で対戦するポーランド代表のエースストライカー

バイエルン・ミュンヘンのロベルト・レバンドフスキが12月13日、ブンデスリー第16節のケルン戦でゴールを挙げ、ブンデスリーガ通算得点を166とし、同リーグの歴代得点ランキング10位タイに躍り出た。

2018年のFIFAワールドカップ、グループステージで日本代表が対戦するポーランド代表のストライカーがまた偉業を成し遂げた。2010年7月、香川真司と同時期にドルトムントに加入したレバンドフスキは、同クラブでリーグ131試合に出場し74得点をマーク。2013/14シーズンには20ゴールで得点王に輝くと、翌シーズンからはバイエルンへ移籍した。2015/16シーズンには30ゴールで再び得点王となり、現在までに92ゴールを挙げ、通算得点を166に伸ばしている。

ブンデスリーガ歴代得点ランキング

1位 ゲルト・ミュラー 365得点(427試合)
2位 クラウス・フィッシャー 268得点(535試合)
3位 ユップ・ハインケス 220得点(369試合)
4位 マンフレート・ブルクミュラー 213得点(447試合)
5位 クラウディオ・ピサロ 191得点(434試合)
6位 ウルフ・キルステン 182得点(350試合)
7位 シュテファン・クンツ 179得点(449試合)
8位 ディーター・ミュラー 177得点(303試合)
8位 クラウス・アロフス 177得点(424試合)
10位 ロベルト・レバンドフスキ 166得点(243試合)
10位 ハネス・レア 166得点(381試合)

※データは2017年12月13日現在