Summary

  • 元フランス代表リベリ、来季もバイエルンでプレー
  • リーグ戦247試合出場、80得点
  • バイエルンで歴代最多タイ、リーグ優勝8回

バイエルン・ミュンヘンは5月7日、フランク・リベリ(35)との契約を2019年6月末まで延長したことを発表した。

リベリは2007年夏にマルセイユ(フランス)からバイエルンに加入し、これまでブンデスリーガ247試合に出場、80ゴールを挙げている。4月に35歳の誕生日を迎えたが、今季もリーグ戦19試合に出場し、5得点をマークしている。

今季も圧倒的な強さで6連覇を成し遂げたバイエルンだが、リベリは8回のブンデスリーガ優勝を経験。過去にバイエルンではフィリップ・ラームとバスティアン・シュバインシュタイガー、オリバー・カーン、メーメット・ショルがリーグを8回制しているが、錚々たるレジェンドの中でもリベリはこの記録に最短で到達。来季もマイスターシャーレ(優勝皿)を掲げることができれば、史上初の快挙となる。

また、リベリはクラブ歴代外国籍選手の最多出場記録、ブンデスリーガではフランス国籍選手の最多出場記録と最多得点記録を樹立している。

リベリは契約延長について「このビッグクラブでもう1年プレーできることは、非常にうれしい。ミュンヘンは僕と家族にとって“ホーム”になった。新シーズンもバイエルンのユニフォームを着られることをとても誇りに思う」と話している。