ラームの後継者候補と目されるラフィーニャ(左)、ルディ(中央)、キミッヒ(右) - © © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
ラームの後継者候補と目されるラフィーニャ(左)、ルディ(中央)、キミッヒ(右) - © © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
ブンデスリーガ

ラームの後継者を探せ!

ブンデスリーガの優勝を祝った翌日をどう過ごすか——。フィリップ・ラームには明確なプランがあった。「息子を幼稚園に連れて行き、自分のロッカーを片づける。それに明日は母の誕生日でもあるんだ」。彼は“元”プロサッカー選手としての初日を、ほぼ家族と過ごす時間に充てた。また、フランク・リベリからは「必要なら来季のシーズンチケットを買ってあげようか」との申し出もあり、来季は家族とともにスタンドから試合を見守るのかもしれない。

ラフィーニャ:献身的な代役

バイエルン・ミュンヘンのキャプテンを務めていた元選手が、自身の将来について明確なプランを持っている一方で、所属していたクラブは引退した選手の代わりを誰にするかという大きな課題に直面している。もっとも、問題が未解決だからといって彼らを責めることはできない。クラブのレジェンドの代わりなどそう簡単に見つかるものではないからだ。とはいえ、後継者候補についてはすでに何人か目星がついている。その候補者たちの可能性を探っていく。

バイエルンに加入して以来、ラフィーニャは辛抱強く待ち続けたが、それもようやく終わりの時がきたようだ。先日行われた当サイトのインタビューでは、「来季は僕のシーズンになる。自分以外の選手が右サイドバックでプレーをしているとは考えられない」と語っている。シャルケ時代よりも守備面での信頼度が増し、本人が「試合に出た時はいつもいいプレーができていた」と語るように継続性も身につけた。何より、彼はロッカールームのリーダーでもあるという。

プラス面:経験豊富で右サイドバックの専門家というのも大きな利点。ラームと同じタイプとは言えないが、前方でプレーするウインガーとも理解し合える。

マイナス面:今年9月で32歳となり、中長期的な意味でラームの後継者とはなり得ない。また、これまでロッカールームのリーダーとして振る舞ってきた彼がラームの後釜になれなかった時に、その役割を継続できるかどうかも疑問が残る。

- © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
- © imago / Sven Simon
- © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA / Simon Hofmann