Summary

  • ライプツィヒのラングニックSDが監督を兼任
  • 頼れる3人のアシスタントコーチとともに新シーズンがスタート
  • 2019/20シーズンからはナーゲルスマン監督がチームを指揮

ライプツィヒのラルフ・ラングニックSDが“1シーズン限定”で同クラブの監督に復帰した。2019/20シーズンからの指揮官就任が内定しているユリアン・ナーゲルスマン監督(現ホッフェンハイム)が来るまでの中継ぎとして、3シーズンぶりに指揮官を務めることになる。

ナーゲルスマン体制を見据えたチーム作り

ラングニック監督は2015/16シーズンに「スポーツディレクター兼監督」としてライプツィヒを率い、クラブを初のブンデスリーガ昇格に導いた功労者。その後はSD業に専念していたが、ラルフ・ハーゼンヒュットル監督の退任を受け、2年ぶりに現場復帰することになった。

ともに仕事をする3人のアシスタントコーチもすでに決定。ラングニック監督は「それぞれ異なる分野を得意とする素晴らしいスタッフがそろった」と胸を張るが、中でも重要な役割を担うことになりそうなのが、MLSのレッドブル・ニューヨークで監督を務めていたジェシー・マーズチ氏だ。ラングニック監督は自身の右腕となる44歳の新コーチに対し、「指揮官としてのDNAを持ち合わせている」と全幅の信頼を寄せている。

マーズチ・コーチはクラブと2年契約を締結。つまり、来季からチームを率いることになるナーゲルスマン監督と一緒に仕事をすることになる。ラングニック監督の仕事はそれまでの1年間でコーチ陣をチームに馴染ませること。それはU19チームからコーチに昇格したロベルト・クラウス氏や、レーバークーゼンから加わったビデオアナリストのラース・コルネトカ氏らにも同じことが言える。

© imago / Thomas Frey

EL予選を勝ち上がってブンデスリーガ開幕戦へ

ラングニック監督は「非常に重要なシーズンになる。目標はもちろん欧州カップ戦。4位から6位に入れれば…」と意気込みを語るが、目標達成に向けてチームの根幹となるのはチームの代名詞とも言える「プレッシング」と「攻守の素早い切り替え」だ。昨季終盤はそのプレースタイルにやや陰りが見えたが、今季はそのスタイルをもう一度磨き直すつもりだ。

昨季を6位で終えたライプツィヒの新シーズンは、7月26日の欧州リーグ(EL)予選で幕を開ける。予選を順調に勝ち進めば、8月26日に行われるブンデスリーガ開幕戦(対ドルトムント)までに公式戦6試合を戦うことになる。ブンデスリーガで好スタートを切るためにも、EL予選の戦いを含むこの1カ月間はラングニック監督にとって重要な時期になりそうだ。