ラフィーニャはバイエルンの重要な戦力として6シーズンにわたってプレー - © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
ラフィーニャはバイエルンの重要な戦力として6シーズンにわたってプレー - © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
ブンデスリーガ

「200試合出場は表彰に値する」

バイエルン・ミュンヘンのラフィーニャは同クラブで公式戦200試合出場を達成し、3人の監督の下で計13個のタイトルを獲得。競争が激しいチームで6シーズンにわたって主力として活躍してきた。そのラフィーニャに今季の評価やドイツのこと、そして来季の展望を語ってもらった。

「ラームがいるチームで200試合は表彰に値する」

――今シーズンについてはどう評価していますか?

ラフィーニャ 僕自身は思ったほど試合に出られなかったけど、いいシーズンだったと思う。僕はフィリップ・ラームという世界最高の右サイドバックとポジション争いをしているわけだからね。彼は調子を落とすことがないし、ワールドカップや欧州チャンピオンズリーグ(CL)など、すべてのタイトルを手にした選手だ。彼との競争は大変だよ。まあ、そうは言っても、今季は28試合に出場してブンデスリーガで優勝できた。個人的には満足している。

――バイエルンでの200試合出場を達成したばかりですね。

ラフィーニャ 大きな数字だよね。ラームがいるのにバイエルンで200試合も出場できたら表彰に値するといつも言っていたよ(笑)。

- © gettyimages / Thomas Niedermueller

――バイエルンではユップ・ハインケス、ペップ・グアルディオラ、そして現在のカルロ・アンチェロッティと、名監督の下で素晴らしい体験をしてきました。そのことについてはどう思っていますか?

ラフィーニャ ものすごく光栄だ。選手・監督としてすべてを勝ち取ってきた人たちと一緒に仕事をし、学ぶことができたのは素晴らしいよ。彼らに教えてもらえるのは楽しいし、バイエルンのような高いレベルのチームで毎日プレーができることに感謝している。バイエルンに加入して6シーズンで優勝が13回だからね。僕には最高の選手、最高の監督と一緒に仕事ができるクオリティがあったということさ。

――どの監督の時が最も才能が発揮できたと思いますか?

ラフィーニャ 正直に言うと、僕を一番変えてくれたのはペップ・グアルディオラだ。本当にたくさんのことを教わったし、自信を与えてくれた。彼がいた3年間で僕は120試合以上に出場した。僕がバイエルンで成功するのは無理だという人たちもいたけど、ペップがやって来て僕に自信を与えてくれたんだ。それに彼はラームを中盤のセントラルで起用した。素晴らしい3年間で数多くのトロフィーを獲得できたよ。

――バイエルンでは23アシストを記録しています。それが最も得意としているプレーですか?

ラフィーニャ 今季も6回か7回のアシストができて満足している。得点を決めるタイプの選手ではないからね(笑)。チームには最高のストライカーとウインガーがいる。彼らが得点できるよう、ゴール前にいいクロスを入れるのが僕の仕事だよ。