ウェアナーはプロデビューを果たしたシュトゥットガルトでも数々の最年少記録をぬりかえてきた - © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
ウェアナーはプロデビューを果たしたシュトゥットガルトでも数々の最年少記録をぬりかえてきた - © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
ブンデスリーガ

ウェアナー、“爆撃機”を超えた若者

2月19日に開催されたブンデスリーガ第21節メンヘングラートバッハ(ボルシアMG)対ライプツィヒで、ライプツィヒに所属するティモ・ウェアナーがチームの2点目を決め、ブンデスリーガ通算ゴール数を25に伸ばした。過去30シーズンのうち、弱冠20歳でこの数字に到達したのは、彼1人だけであり、3シーズン前にシュトゥットガルトのクラブ史上最年少出場および初ゴール、そしてブンデスリーガ史上最年少での1試合マルチ得点を記録した若者は、着実に成長の階段を上っている。

また、これにより同選手は、ブンデスリーガ25ゴール到達の最年少ランキングで、“爆撃機”ことゲルト・ミュラー氏を抜き、歴代9位へ入ることになった。上にも下にも、広く世に知られた者ばかりが並んでいる同ランキング。いつの日かウェアナーも、ドイツを代表するストライカーとして、その名をとどろかせてほしい。

<ブンデスリーガ25ゴール到達、最年少ランキング>