今季からライプツィヒの主将を務めるオーバン(右)が2019年までだった契約を2022年まで延長した - © © gettyimages / Robert Michael
今季からライプツィヒの主将を務めるオーバン(右)が2019年までだった契約を2022年まで延長した - © © gettyimages / Robert Michael
ブンデスリーガ

オーバンがライプツィヒと契約延長

ライプツィヒは10月13日、DFウィリー・オーバン(24)との契約を2022年まで延長したことを発表した。

オーバンは2015年夏にカイザースラウテルンからライプツィヒに加入。センターバックとして同クラブのブンデスリーガ昇格に貢献し、昨季も主力としてブンデスリーガで準優勝を果たした。今季からはキャプテンとして、ブンデスリーガ2シーズン目も上位争いを続けるチームを牽引している。