Summary

  • 最終ラインにフランス人多数
  • ウェアナーのさらなる成長
  • 来季も欧州カップ戦に

ブンデスリーガ初昇格から2シーズン連続で上位に食い込み、来季も欧州カップ戦に出場するライプツィヒ。同クラブのファンが2018/19シーズンを心待ちにする理由とは?

1)最終ラインにフランスの若手多数

2016/17シーズン夏にCBダヨ・ウパメカノ、その翌年にCBイブラヒマ・コナテを獲得したのに続き、ライプツィヒは今夏またしてもフランス人の若手を補強。モンペリエ(フランス)からやってきた20歳の右SBノルディ・ムキエレは、U21フランス代表にも名を連ねる有望株で、ラルフ・ラングニックSDも「1年以上にわたってムキエレを調査してきた。右SBとしては世界でも指折りの若手に数えられる彼を獲得できて、我々は本当にうれしく思っています」と、その将来性に太鼓判を押す。主将でドイツ人のウィリー・オーバンがCBのファーストチョイスとなることは確実だが、欧州リーグ(EL)を含む過密日程を戦う上で、ライプツィヒ最終ラインがほぼフランス人の若手で固められることも今後十分ありうるだろう。

© DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA

2)ウェアナーのさらなる成長

ユース時代を過ごしたシュトゥットガルトでプロデビューを果たし、数々のクラブ最年少記録を樹立しながらも、ややくすぶっていた感があったティモ・ウェアナー。その才能が開花したのは、ライプツィヒへの移籍がきっかけだった。加入初年にいきなり21ゴールを決め2016/17シーズンのドイツ人最多得点を記録すると、今季も得点のみならずアシストでもチーム最多をマーク。今やライプツィヒの浮沈の鍵を握る存在となり、ドイツ代表のヨアヒム・レーフ監督もエースとして起用している。今夏はFIFAワールドカップ・ロシア大会に出場するためクラブ合流は大幅に遅れる見通しであるものの、来季もチームをけん引する活躍が期待される。

© gettyimages / Odd Andersen

3)来季も欧州カップ戦に

ブンデスリーガ初昇格を果たした2016/17シーズンに見事2位を獲得し、ライプツィヒは今季の欧州チャンピオンズリーグ(CL)出場を果たした。しかし国内の2大会に加え、遠く離れた敵地に移動しヨーロッパの強豪と一戦を交える疲労は徐々に蓄積。後半戦にはフライブルクマインツケルンなど格下にも黒星を喫し、ブンデスリーガ2季目は不安定なシーズンとなった。ただし、そんな彼らも最終的には6位で今季を終了しており、EL予選2回戦の切符を獲得。東の新興クラブは来季も欧州の舞台へ飛び出していく。

© gettyimages / Robert Michael