Summary

  • ドイツ代表のミュラーとギンター、ブラインドサッカーに挑戦
  • ギンター「最大級のリスペクトを持ちたい」

ドイツ代表のトーマス・ミュラーとマティアス・ギンターは5月31日、合宿が行われている南チロルでブラインドサッカーを体験した。

FIFAワールドカップ・ロシア大会に臨むドイツ代表の仮メンバー27人に選出されたミュラーとギンターは、ブラインドサッカー同国代表のアレクサンダー・ファングマン、アリカン・ペクタスの2人とともに、ブラインドサッカーに挑戦。競技を終えたギンターは「ファングマンとペクタスには最大級のリスペクトを持ちたいです。何も見えない状態でサッカーをすることの大変さを言葉で表すのは、非常に困難です」とコメントした。