Summary

  • ミュラーは今季リーグ戦でわずか1ゴールにとどまる
  • 第22節のハンブルガーSV戦では3アシストを記録
  • アンチェロッティ監督やチームメートからの信頼は厚い

バイエルン・ミュンヘンは2月25日のハンブルガーSV戦で大量8ゴールを奪った。しかし、チームがゴールラッシュに沸く中、得点者のリストにあるべきはずの名前がなかった。今季ゴールに見放されているミュラーだ。ブンデスリーガではここまでわずか1ゴールと苦しみ、ハンブルク戦でもゴールネットを揺らすことはできなかった。だが、カルロ・アンチェロティが「勝利のカギ」になった選手として試合後に名前を挙げたのはミュラーだった。

2点リードで迎えた42分にロベルト・レバンドフスキが決めたゴールは、ミュラーの全力プレーから生まれたものだった。アリエン・ロッベンのロングパスにゴールラインぎりぎりで追いついて折り返し。ドグラス・コスタが放ったシュートのこぼれ球がゴールに結びついた。ミュラーにスコアポイントはつかなかったが、このゴールに限らず彼の貢献度は数字では計れないところにある。

ハンブルク戦でマークした走行距離は11.07km。指揮官はチームの誰よりも走った背番号25に対し、「ベストプレーヤーはトーマス・ミュラーだった。たとえゴールがなくてもね」とこれ以上ない賛辞を送った。また、カールハインツ・ルンメニゲ社長は「ミュラーの今季ベストゲーム」とまで言い切っている。

おのずとゴールは生まれる

「またしてもゴールは決まらなかったけどそこは気にしていない。いつか自然と生まれるはずだから」。試合後、笑いながらそう話すミュラーの表情には満足感がうかがえた。それもそのはず、ミュラーは前半の全3ゴールに絡み、チームに大勝を呼び込む原動力となった。アルトゥーロ・ビダルの先制点の場面では、絶妙な身のこなしからアシストを記録。レバンドフスキが決めた2点目もミュラーがファウルを受けて得たPKによるものだった。

© gettyimages / Lars Baron

誰もが認めるフォア・ザ・チームの姿勢

チーム5点目の場面ではミュラーならではのアシストが見られた。GKレネ・アードラーと1対1の状況でボールを受けながら、自らシュートを撃つのではなく並走していたダビド・アラバへのパスを選択。「チームメートの助けになるのであれば、ゴールだけがすべてじゃない」。チームプレーに徹していてもなかなかできないようなプレーをミュラーはさらりとやってのける。

今季は思わぬ苦しみを味わっているが、これまでは安定してゴールを挙げてきた。過去7シーズンのうち、2011/12シーズンを除く6シーズンで2桁得点をマーク。それが今季はわずか1ゴールにとどまっているのだ。だが、ロッベンは言う。「ゴールがなくてもトーマスはチームにとって常に重要な選手だ。レビィ(レバンドフスキ)と僕のためにスペースを作ってくれる」。この言葉からもゴール数に左右されない絶対的な信頼があることが分かる。

ハンブルク戦ではボランチでプレーしたティアゴ・アルカンタラに代わり、4ー2ー3ー1のトップ下でプレー。司令塔としての役割を十二分にこなした。キャプテンのフィリップ・ラームは選手としての能力に疑いがないことを強調する。「彼の能力についてはいまさら話すまでもない。ここまで何年も示してきたのだから」

同時にミュラーのプロとしての姿勢も称えている。「自分とチームメートに対する彼のモチベーションの与え方には感心するものがある。たとえ難しい状況に陥っても決して下を向いたりしない。とにかく前を向いてやっていこうとするんだ」