昨季のブンデスリーガ王者バイエルンとDFB杯覇者ドルトムントによる頂上決戦は、PK戦の末に前者に軍配が上がった - © © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA / Lukas Schulze
昨季のブンデスリーガ王者バイエルンとDFB杯覇者ドルトムントによる頂上決戦は、PK戦の末に前者に軍配が上がった - © © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA / Lukas Schulze
ブンデスリーガ

ミュラー「プレシーズンの連敗を帳消し」

バイエルン・ミュンヘンは8月5日、ドイツ・スーパーカップでドルトムントをPK戦の末に下し、2017/18シーズン最初のタイトルを獲得した。直近5試合のテストマッチで4敗を喫していたバイエルンだが、ブンデスリーガの開幕2週間前に再び王者の威厳を取り戻している。今大会では離脱中のマヌエル・ノイアーに代わり、キャプテンとして出場したトーマス・ミュラーが試合後、当サイトのインタビューに応じた

マッチレポートはこちらから

——ミュラー選手、バイエルンの選手たちはロッカールームでまだ優勝をお祝いしていますね。

ミュラー もちろんですよ。僕たちには本当に大きなプレッシャーがありましたから。このタイトルをどうしても取りたかったです。それにドルトムントでの試合はいつも特別です。このようなビッグゲームやシーズン最初のタイトルが懸かっているとね。また、今大会の優勝は僕たちにとって非常に重要でした。プレシーズンの連敗を帳消しにするためにね。

——タイトル獲得はお祝いする理由になりますが、パフォーマンスもそうでしょうか?

ミュラー 試合はパーフェクトではありませんでした。個人的に後半の自分たちのプレーは気に入らなかった。でも、勝利への意欲を感じ取ることができたと思います。それに前半は自分たちの力を見せることができました。ちょっとアンラッキーなところもあって、それがなければ前半のうちにリードを奪っていたかもしれません。

——後半に入ってうまくいかなくなった理由は? 

ミュラー ドルトムントのプレッシャーをうまくかわすことができなくなりました。ボールを頻繁にGKへ戻していたので、ロングボールを多用し過ぎました。あの新監督の下なので驚きはありませんでしたが、ドルトムントのプレッシャーは半端なかった。それで、落ち着いて守ることも、ショートパスを2、3回つなげて中央を突破することもできなくなってしまいました。ディフェンスラインを越えれば、スペースはあったんですけどね。ディフェンスの裏へ抜ければ、ゴールのチャンスがあると前半のうちから分かってました。でも、後半はそれができなくて、ボールをコントロールできずに前へ蹴るだけだった。

- © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA / Lukas Schulze
- © gettyimages / Alex Grimm