Summary

  • バイエルンのマルティネス、第8節フライブルク戦で右肩負傷
  • 18日のCLセルティック戦は欠場か

バイエルン・ミュンヘンは10月15日、同14日に行われたブンデスリーガ第8節フライブルク戦で、ハビエル・マルティネスが右肩の関節を痛めたことを明らかにした。

その発表によると、今後マルティネスは保存療法で回復を目指し、当面はリハビリなど個人プログラムをこなしていくという。しかし復帰時期の詳細はまだ明らかにされておらず、18日に行われる欧州チャンピオンズリーグ(CL)セルティック戦の出場は難しいと見られている。