Summary

  • シャルケのマッケニーが負傷
  • 右ひざじん帯を損傷して6週間の離脱

シャルケのMFウェストン・マッケニーが第19節のハノーファー戦で右ひざ内側側副じん帯を部分断裂し、6週間ほど離脱する見通しとなった。

マッケニーは1月21日のハノーファー戦で63分に途中出場したが、ハノーファーのフェリックス・クラウスと衝突して右ひざを負傷。負傷直後はプレーを続行しようとしたが、ピッチ上でメディカルスタッフの診察を受けた結果、出場からわずか20分で交代を余儀なくされていた。

この負傷により、マッケニーはブンデスリーガのシュトゥットガルト戦、ブレーメン戦、バイエルン・ミュンヘン戦、ホッフェンハイム戦、レーバークーゼン戦、ヘルタ・ベルリン戦、さらにはウォルフスブルクと対戦するドイツサッカー連盟カップ(DFB杯)準々決勝の計7試合を欠場する見込み。現在シャルケはリーグ3位につけているが、直近7試合は1勝5分け2敗と勝ち切れない試合が続いている。