前半押され気味だったシャルケは50分にコラジナッチがゴール。これを守り抜きマインツから白星を奪った - © gettyimages / Alex Grimm
前半押され気味だったシャルケは50分にコラジナッチがゴール。これを守り抜きマインツから白星を奪った - © gettyimages / Alex Grimm
ブンデスリーガ

マインツ、シャルケに惜敗

3月19日、ブンデスリーガ第25節最終日が行われ、武藤嘉紀が所属するマインツは本拠地で内田篤人のシャルケと対戦し、0ー1で敗れた。武藤は82分に途中出場、内田はベンチ外だった。

マインツ 0ー1 シャルケ

この試合最初のシュートは4分、右から中央へ流れたラッツァが遠めの位置から左足を振り抜く。しかしアウトサイドに引っ掛かり、ボールは枠の左へ流れてしまった。

序盤はシャルケがポゼッションを高める展開となったが、23分にはマインツのブロジンスキが左サイド高い位置でキープし、ペナルティーエリア左に送ると、ここに走り込んだのは再びラッツァ。中への折り返しを試みたものの、飛びだしてきたGKフェアマンがブロックし、CKに逃げている。

37分、左からのFKをオストゥナリが蹴り、フェアマンがパンチングでクリア。跳ね返りをラッツァがダイレクトで狙い、コルドバが足を伸ばして押し込もうとしたが、惜しくも届かなかった。

マインツはその1分後にも、右CKからラッツァがシュート。ボールはスライディングブロックに入ったブルクスタラーのつま先に当たりコースが変わったが、これもフェアマンが横っ飛びで防ぎ、得点が生まれることはなかった。

- © gettyimages / Alex Grimm
- © gettyimages / Alex Grimm