Summary

  • ブンデスリーガ第9節初日、シャルケ対マインツ
  • ゴレツカとブルクスタラーのゴールでシャルケが勝利
  • 武藤は2試合ぶりフル出場も無得点

ブンデスリーガ第9節初日が10月20日に行われ、武藤嘉紀が所属するマインツは、敵地でシャルケと対戦し、0ー2で敗れた。武藤はフル出場している。

シャルケ 2ー0 マインツ

スコアが動いたのは13分、ロングボールをディサントがそらし、ブルグスタラーがフリーで走るゴレツカにラストパス。GKアードラーと1対1になったところで、ゴレツカが華麗なチップキックでネットに沈め、シャルケに先制点をもたらす。

1点差のまま後半に入ると、71分にブルグスタラーがペナルティーエリア内で倒され、シュタインハウス主審はビデオ判定を使用。しかしこの結果、ファウルはなかったと判断され、シャルケにPKは与えられずそのまま続行された。

するとその3分後、左からのCKをナルドがヘディングで合わせ、GKが弾いたところをブルグスタラーが押し込み、シャルケがリードを2点に広げた。

マインツの3倍以上となる16本のシュートを放ったシャルケがこのまま勝利し、今季2度目の連勝。暫定ながら順位を4位に浮上させている。

© gettyimages / Lars Baron

【得点】

シャルケ:ゴレツカ(13分)、ブルクスタラー(74分)
マインツ:なし

【ラインナップ】

シャルケ(3ー5ー2)
フェアマン;スタンブリ、ナルド、ケーラー;カリジュリ、ゴレツカ、マイヤー、アリ(89分 コケ)、オチプカ;ディサント(68分 コノプリャンカ)、ブルクスタラー(84分 レーゼ)

マインツ(3ー4ー2ー1)
アードラー;バログン(79分 コドロ)、ベル、ディアロ;ドナティ(70分 マクシム)、グバミン、ラッツァ、ブロジンスキ;オストゥナリ、デブラシス(62分 フィッシャー);武藤