マインツはボルシアMGに敗れ今季最長となる3連敗を喫している - © gettyimages / Alex Grimm
マインツはボルシアMGに敗れ今季最長となる3連敗を喫している - © gettyimages / Alex Grimm
ブンデスリーガ

マインツ3連敗、ボルシアMGに0ー1

12月11日、ブンデスリーガ第14節最終日が行われ、武藤嘉紀が所属するマインツは敵地でメンヘングラートバッハ(ボルシアMG)と対戦し、0ー1で敗れた。ひざの負傷から復帰を目指す武藤はベンチ外となっている。

ボルシアMG 1ー0 マインツ

- © gettyimages / Alex Grimm

0ー0のまま後半に入り、試合の主導権は徐々にボルシアMGへ移っていく。まずは57分、ラファエルがハーフウェーライン付近でボールを持つと、マインツのCBハックが足を滑らせ転倒。その隙にラファエルが自らドリブルで前線まで運ぶが、DFに追いつかれシュートを打つことはできなかった。

65分にはアザールが高い位置でボールを奪い、ラファエルを経由して左のウェントへ。ペナルティーエリア左に入ったウェントは、ファーサイドのネット目がけてシュートを放ったが、これはGKレッスルがキャッチした。

そしてようやく試合が動いたのは76分、ボルシアMGが右CKを獲得すると、正面のシュティンドルが足下で受けて右足シュート。これがマインツの選手に当たってコースが変わり、最後はクリステンセンが押し込んだ。

90分にはグバミンが2枚目のイエローカードを受けて退場。前々節ヘルタ戦に続き、グバミンは出場した2試合連続でピッチを去ることになり、マインツは10人となってしまう。

- © gettyimages / Alex Grimm