Summary

  • マインツの新監督に就任したシュワルツの経歴を紹介
  • マインツ生まれの生粋の“マインツァー”
  • これまではマインツのUー19、Uー23の監督を歴任

武藤嘉紀が所属するマインツは5月31日、今季限りで退任したマーティン・シュミットの後任として、サンドロ・シュワルツ(38)の新監督就任を発表した。契約は2020年6月30日までとなる。

マインツ生まれのシュワルツはマインツのユースで育ち、1998年にトップチームに昇格。2003/04シーズンにはユルゲン・クロップ監督の下でクラブ史上初のブンデスリーガ昇格を果たしている。現役引退後はビスバーデンで指導者としての道を歩み始め、2013/14シーズンにマインツUー19チームの監督に就任。2015年2月からはシュミット前監督の後任としてUー23チームを率いていた。

生粋の“マインツァー”としてチームの再建を託されたシュワルツは、31日の就任会見で次のように話している。「とても感慨深い瞬間を迎えている。故郷のチームでブンデスリーガの指揮官としてこの場にいることを大変光栄に思う」

同席したルーウェン・シュレーダーSDは、「ユースアカデミーからトップチームへの昇格は決して既定路線ではない。サンドロは何年にもわたってこのチャンスをつかむべく仕事をしてきたし、それを受けるにふさわしい。戦術面での手腕はもちろん、マインツらしさを体現してくれると思う」と指揮官の資質を見込んでの抜擢であったことを強調した。

© gettyimages / Andreas Schlichter

新生マインツはシュワルツとシュレーダーSDのタッグでチーム作りに着手していくが、新指揮官は会見の席でチームのクオリティーはすでに高く、補強についてはじっくり話し合う姿勢であることを明言している。また、目指すサッカーについては、「我々のベースは後ろに引かない勇敢な守備にある。球際に強く、正しいタイミングで切り替えられるようなね。いかなる状況でも解決策を見つけ、どの対戦相手にも存在感を示せるようなチームにしていきたい」と語っている。

シュワルツが最も大事にしているのは「試合に勝ちたいという負けん気」。それを出すことでマインツらしいサッカーを確立したいと考えている。「今までの経験のおかげで、これを実現するための方法はいくつでも浮かぶ。マインツの人々が我々のサッカーについて語り合い、そして楽しんでもらえるようにしていきたい。我々との気持ちのつながりをより活気あるものにしたい」。マインツで生まれ育った指揮官ならではの言葉だ。

Uー19とU-23で手腕を発揮してきたシュワルツに、シュレーダーSDは「これから彼と一緒にやっていくことをとても楽しみにしている。3年契約は我々の彼に対する全面的な信頼の表れでもある」と大きな期待を寄せている。「戦いの場がブンデスリーガに代わっても、これまでのやり方を変えるつもりはない」という新監督の下、マインツは新シーズンに向けて7月3日に始動する。