新シーズンからマインツの10番を背負うルーマニア代表のMFアレクサンドル・マクシム - © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA / Niedermueller
新シーズンからマインツの10番を背負うルーマニア代表のMFアレクサンドル・マクシム - © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA / Niedermueller
ブンデスリーガ

マインツ攻撃再生のキーマン

武藤嘉紀が所属するマインツが、浅野拓磨所属のシュトゥットガルトからルーマニア代表MFアレクサンドル・マクシム(26)を獲得した。今年1月にウォルフスブルクへ移籍したユヌス・マリ、そして期限付き移籍が満了したボージャン・クルキッチの穴を埋めるべく、攻撃のキーマンとして迎え入れられる

信頼を感じてこそ力を発揮

2021年6月までの契約を結んだマクシムを、ルーベン・シュレーダーSDは「創造力のある10番タイプの選手で、ボールは彼にとって友達のようなもの。1対1に自信を持ち、そのドリブルでスペースをこじ開ける能力もある。またセットプレーの精度も非常に高い。ディフェンスライン裏のスペースを突く鋭いセンスも持っている」と紹介した。

マクシムはあっと驚くプレーを見せることから、ストリートサッカーのプレーヤーに例えられるなど、直感で動く選手として知られる。マインツへの移籍もそんな彼ならではの決断だった。繊細な一面を持つ26歳は古巣シュトゥットガルトでは絶対的な信頼を得られなかった。それが新たな挑戦を選んだ理由でもある。

マクシムはシュレーダーSDとサンドロ・シュワルツ新監督との交渉で、移籍の意志が固まったことを明かしている。「僕にとっては信頼、そして必要とされているという感覚が非常に大事なんだ。マインツではその条件をしっかりと感じることができた。それに新しい監督のやり方やコンセプトは攻撃の選手である僕にはぴったりだったんだ」。実力を出せる環境があり、クラブの目指すサッカーも自身の理想に合っていたことが移籍の決め手となった。

- © gettyimages / Thomas Niedermueller