マインツの武藤は4試合連続で先発出場を果たすもゴールは決められず、チームも完封負けを喫した - © © imago / mika
マインツの武藤は4試合連続で先発出場を果たすもゴールは決められず、チームも完封負けを喫した - © © imago / mika
ブンデスリーガ

マインツ武藤3戦連弾ならず、レーバークーゼンに完封負け

ブンデスリーガ第20節最終日が1月28日に行われ、武藤嘉紀が所属するマインツは敵地でレーバークーゼンと対戦し、2ー0で敗れた。武藤は75分までプレーするも無得点だった。 レーバークーゼン 2ー0 マインツ

直近14試合でわずか1敗という絶好調のレーバークーゼンと、前節7試合ぶりに白星を獲得したマインツの一戦は、開始1分に前者がチャンスを作り出す。バウムガートリンガーが右のブラントに預けると、L・ベンダーとのワンツーで縦に突破。そこからのセンタリングにベイリーが飛び込んだが、ボールはやや高く、シュートには至らなかった。

7分までに3度のCKを獲得したように、レーバークーゼンが主導権を握る中、マインツもカウンターに活路を見出す。8分、デヨンクが左に開く武藤へ素早く展開すると、武藤は自陣から一気にドリブルで縦へ持ち上がり、アタッキングサードに入ったところでセンタリング。しかしペナルティーエリア内に入ってきたクアイソンの前でDFにクリアされた。

40分には、この試合6本目のCKをベイリーが蹴り、負傷したバウムガートリンガーに替わって前半途中に投入されたコアが打点の高いヘディングで合わせるも、枠の外へ流れてしまう。

- © gettyimages / Maja Hitij/Bongarts
- © imago / siwe