武藤は第12節以来のフル出場。チームもバイエルン相手に健闘したが0ー2で敗れている - © © gettyimages / AFP
武藤は第12節以来のフル出場。チームもバイエルン相手に健闘したが0ー2で敗れている - © © gettyimages / AFP
ブンデスリーガ

マインツ健闘も今季4度目の連敗

ブンデスリーガ第21節2日目が2月3日に行われ、武藤嘉紀が所属するマインツはバイエルン・ミュンヘンと本拠地で対戦し、0ー2で敗れた。武藤は第12節以来のフル出場を果たしている。 マインツ 0ー2 バイエルン・ミュンヘン

試合は立ち上がりからバイエルンがボールを保持するも、マインツも堅い守備と鋭いカウンターから効果的な試合運びを展開する。まずは3分、左からセンタリングが入り中央のオストゥナリがトラップするシーンを迎えたが、バイエルンDFに囲まれてしまいシュートを放つことはできなかった。

続く14分、右サイドからファーサイドへクロスを入れると、ホルトマンがラフィーニャに競り勝ち頭で折り返す。しかしゴール前の武藤はフメルスに競り負け、クリアされてしまう。

20分にはグバミンが左サイドを突破し縦に持ちあがったところで、寄せてきたDFの股下を通すパス。ペナルティーエリア左のマクシムがボアテングをかわしシュートを放つも、ボールに回転がかからずそのままファーサイド側ポストの外へ流れてしまう。

- © gettyimages / AFP
- © imago / Jan Huebner
- © gettyimages / AFP