Summary

  • DFB杯3回戦マインツ対シュトゥットガルトが12月19日に開催
  • マインツのシュワルツ監督が前日会見を実施

武藤嘉紀が所属するマインツは12月18日、翌日に行われるドイツサッカー連盟カップ(DFB杯)3回戦、浅野拓磨が所属するシュトゥットガルトとの対戦を前に公式会見を開き、サンドロ・シュワルツ監督が壇上に姿を現した。同監督のコメントは以下の通りとなっている。

【サンドロ・シュワルツ監督】

マインツにとって明日の試合は、今季のDFB杯に勝ち残りながら年をまたげるかもしれないビッグチャンスです。この大会は、試合数が少ない一方、多くのものを手にすることができます。シュトゥットガルトは今我々と同じくらいの順位にいますが、スペースをうまく使ってくる良いチームで、今季ここまで良い試合をしていた時期もありました。とにかく明日の試合では体からすべての力を出し切って戦わなければなりません。きっと人々は、我々が準々決勝への熱い思いを持ったチームであることを目撃することになるでしょう。