Summary

  • 武藤のマインツ、グバミンとの契約を延長
  • 新契約は2022年6月30日まで
  • これまでマインツで公式戦42試合に出場

武藤嘉紀が所属するマインツは11月29日、同クラブに所属するジャンフィリップ・グバミンとの契約を2022年6月30日まで延長したと発表した。

マインツでスポーツディレクターを務めるルーベン・シュレーダー氏は「この1年半、グバミンは素晴らしい成長を遂げており、まだまだその成長に終わりは見えません。守備的ポジションを複数こなすことができる屈強な選手で、巨大なポテンシャルを秘めています。彼はこのチームの主力なのです」と、延長オファーの理由を語っている。またグバミンも「マインツのためにしてきたこれまでの仕事が認められたこと、そしてそれが契約の延長に結びついたことを、うれしく思っています。このクラブのために、これからももっと多くのものを出していきたいです」とコメントした。

グバミンは2016年夏にRCランス(フランス)から完全移籍でマインツへ加入。これまで公式戦42試合に出場している。