Summary

  • ボルシアMGのFWアンドレ・ハーンのインタビュー
  • チームはCLグループステージ最終節でバルセロナに完敗
  • 2年連続CLグループステージ敗退となり、ELへ回る

メンヘングラートバッハ(ボルシアMG)は12月6日、チャンピオンズリーグ(CL)グループステージ最終節でFCバルセロナ(スペイン)に0ー4で完敗した。これでグループ3位が確定し、CLは敗退。今後は欧州リーグ(EL)のラウンド32から参戦することになる。バルセロナとの試合後、FWアンドレ・ハーンがインタビューに応じ、世界トップクラスのチームとの対戦や次節のマインツ戦、引退を発表したチームメイトについて語った。

——試合前、クラブ全体が、もちろんチーム自体もカンプ・ノウでのバルセロナとの対戦を楽しみにされていました。90分を終えての感想、0ー 4の敗戦についていかがでしょうか?

ハーン 前半は積極的に行けなかったので、良くなかったですし、アグレッシブさが足りませんでした。1対1で競り合うことすらなかった。チーム全体として深く引いたので、相手と張り合うこともありませんでした。後半からは少し良くなりましたが、バルセロナは個のレベルが高く、ショートパスに翻弄されました。それは誰もが見てもお分かりになったでしょう。

——監督はかなり守備的な布陣で臨み、6バックになることもありました。バルセロナへのリスペクトからそうなったのでしょうか?

ハーン 監督が決めたことです。僕もちょっと驚きました。でも、監督の指示だったので、チームはもちろんそれに従いますし、ベストを尽くそうとします。大量失点で負けたのはビターですが、僕たちにとってはさほど問題ではない。それでもこの試合を楽しむことができましたし、最後を締めくくりました。これから試合を分析するつもりです。このような対戦相手とは結果がどうであれ、試合からポジティブなことを得られます。僕たちは引き続き、自分たちのウィークポイントに向き合わないといけません。バルセロナがきょう、明らかにしてくれた点をね。

© imago / Cordon Press / Miguelez Sports

——第14節(12月11日)はホームでマインツと対戦します。ボルシアMGは現在、勝ち点13で順位は13位です。リーグ8試合未勝利から抜け出すには、何が必要でしょうか?

ハーン 僕たちは世界トップクラスのチームと対戦したばかりですが、マインツとの試合は全く異なるものになるでしょうね。この試合では積極的に、アグレッシブになり、1対1の競り合いをして、マインツをひるませることが必要です。シュートチャンスを生かすことができれば、うまくいかないことはないでしょう。

——期待はずれのチームの状況をウィンターブレーク前に打開できるでしょうか?

ハーン 僕は“やれる”って100%信じています。

——試合前、チームメイトのDFアルバロ・ドミンゲスが負傷により現役を引退しなければならない悲しいニュースが入ってきました。

ハーン 正直、僕たちも試合の少し前にロッカールームで初めて聞きました。とても、とても残念です。アルバロは最高にいいヤツだし、チームにもしっかりはまっていた。彼は自分の意見をいつも述べ、チームでの信頼も厚かった。27歳で現役引退を余儀なくされ、プロスポーツ選手にとってはとても辛いですね。彼は長いこと、けがに苦しんでいましたから、その痛みから少しは解放されるといいです。扉が閉まれば、新しい扉が必ず開きます。彼の道が今後も続き、もしかしたらまたどこかでキャリア再開できることを、心から願っています。

© gettyimages / Lars Baron