Summary

  • ボルシアMGの21歳ザカリア、インタビュー
  • スイス代表MF、ブンデスリーガ1年目を総括
  • チームは現在8位、それでも同選手の目標は?

スイス代表のMFデニス・ザカリア(21)は今夏、ヤング・ボーイズ(スイス)からメンヘングラートバッハ(ボルシアMG)に加入し、1年目でレギュラーの座を獲得した。チームは現在8位で、欧州リーグ(EL)出場権獲得の可能性がある7位とは勝ち点6差離れているが、同選手は今季残りの目標をどのように定めているのだろうか?

――前節のバイエルン・ミュンヘン戦は全く異なる前半と後半になりました。敵地で1ー5の敗戦でしたが……

ザカリア 僕たちは最初の30分、多くのことを期待できるパフォーマンスを見せました。ボールをよく回していたし、何も気にせずにプレーできた。ところが、先制点を奪ってからはどんどん難しくなっていきました。バイエルンが主導権を握り、ますます攻撃的になっていった。そうなると、持ちこたえるのは難しかったです。立ち上がりは僕たちが勝ち点を獲得できるのではという試合をしていただけに、残念ですね。これほどのスコア差で負けたのは辛かったです。でも、そこから何かを学べると思います。

――実際にピッチ上ではどのような感じでしたか? バイエルンはすでに今季の優勝を決めていましたが、全く止めることができなかったのでしょうか?

ザカリア バイエルンは巨大なマシーンですね。止めることはほぼできません。間違いなく、世界有数のトップクラブですし、毎年のように欧州チャンピオンズリーグ(CL)の準決勝まで進出していることは、決して偶然ではありませんよ。

© DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA / Action Imagery

――ブンデスリーガは残り4試合となりましたが、ボルシアMGの目標は?

ザカリア 僕たちは残りの試合を勝ちたいですし、それから最終的な順位がどうなるか見てみたいと思います。必要なポテンシャルは備わっています。それに関しては全く疑いの余地はありません。

――20日(金)にはウォルフスブルクとホームで対戦しますが、意気込みを教えてください。

ザカリア もちろん、この試合に勝たないといけません。ミュンヘンでの大敗の直後ですし、ポジティブな対応を見せ、たとえわずかな可能性であっても、来シーズンの欧州カップ戦の出場権を狙えるように。

――つまり、ELの出場権獲得をまだ諦めていないと?

ザカリア 残り全試合に勝たなくてはいけなくとも、そのために全ての労力をかけます。そして、最終節の後にどの順位にいるのか見てみましょう。自分たちも非常に難しいことは分かっていますが、それでも僕はまだ信じていますよ。まだ終わったわけではないのでね。

© DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA

――ザカリア選手はブンデスリーガ1年目でしたが、個人的には満足のいくシーズンでしたか?

ザカリア 新しい国、新しい文化、新しいリーグでは、慣れるまでにそれなりの時間がかかります。比較的早く定着できたとはいえ、僕にとってもそれは例外ではありませんでした。バイエルンとのトップゲームのような試合からは信じられないくらい多くのことを学ぶことができますね。僕は中盤の選手として、守備と攻撃の選手をつなぎ、前へ向かわないといけません。全体としては、満足していますけどね。

――ブンデスリーガの総合的な評価はいかがでしょうか?

ザカリア ブンデスリーガのプレースタイルを気に入っています。攻撃的で、果敢に前へ攻めるプレーは、僕に一番合っているからです。毎週末、リーグでプレーできることは大きな楽しみです。それに、スタジアムはほとんどいつも満員だし、ファンがつくる雰囲気も最高です。若い選手にとってブンデスリーガは非常に面白いと思いますね。というのも、他のリーグではそうとは限らないのですが、ブンデスリーガでは若手にもフェアに出場機会が与えられます。ブンデスリーガでは大きく成長できますよ。