Summary

  • ブンデスリーガ第7節、ボルシアMGがバイエルンに3ー0完勝
  • 当サイト独語版がボルシアMG所属ザカリアと独占インタビュー
  • 「我々は大きな自信を持ち、胸を張って戦っている」

前節、敵地でバイエルン・ミュンヘンを撃破し、ボルシアMGは3位へ浮上した。当サイト独語版は、この試合で66分にピッチへ送り出され中盤に安定感をもたらしたデニス・ザカリアとの独占インタビューを敢行。今季好調を維持するチーム、昨季との比較などについて語ってもらった。

――バイエルン戦のことを振り返って頂きたいのですが。

ザカリア 我々は試合の最初から全力でしたし、完璧に集中していました。ディフェンス面では、可能な限り相手の攻撃をブロックしましたし、逆にオフェンス面では我々のカウンター攻撃が相手を何度も困らせていましたね。チーム全員が素晴らしいプレーをしていたと思いますし、アリアンツ・アレーナで3ー0という結果を出すチーム、同時にバイエルンがホームでノーゴールに終わることも、非常に少ないのではないでしょうか。我々のパフォーマンスが素晴らしかったからですね。

――試合前から、あのような結果になると信じていたのでしょうか?

ザカリア もちろんです。今季開幕から我々は大きな自信を持ち、胸を張って戦っています。試合に勝つためにミュンヘンへ向かい、あのような結果になることを目指していました。

――今シーズンのボルシアMGの、最大の長所は何でしょうか?

ザカリア まずアラサン・プレア、ミヒャエル・ラング、アンドレアス・ポウルセンといった補強を行い、チームの選手層は非常に厚くなりました。そしてとりわけ今季は、規律が素晴らしく保たれていると思います。

――プレアは早速ゴールを量産しています。彼については、どのような印象をお持ちですか?

ザカリア 彼はゴールの嗅覚が素晴らしいだけではありません。チームのために走り回ることもできるんです。バイエルン戦での前線からの守備も非常に良かったです。チームがボールを失えば、守備の陣形を保つため、ボールを再び奪い返すために全速力で後ろへ戻ってくれました。攻撃時には前線でボールをうまくキープしてくれましたし、敵のゴール前でも非常に冷静でした。試合を重ねるごとに、彼がこのパフォーマンスをより強固なものにしてくれることを願っています。そうすれば我々は成功に満ちたシーズンを送れるでしょう。

――シーズンの目標は、どのあたりに設定しているのですか?

ザカリア 開幕当初は明確な目標は一切掲げていませんでした。今、こうして第7節までを終了し、我々の状態は非常に良いです。このポジティブな流れを、できるだけ長く続けたいですね。もしそれが叶えば、欧州カップ戦の出場権は得られるかもしれません。しかし、シーズン終了後のことを具体的に話すのは、まだ早すぎると思います。

© imago

――あなたにとってボルシアMGでのシーズンは、今季が2年目です。昨季に比べ、チームは強さを増していると感じますか?

ザカリア 戦力は厚みを増し、安定感も増加しました。経験豊富な選手もたくさんいます。どのポジションにも厳しい競争がありますし、力強いシーズンを送るために必要なポテンシャルは、我々に備わっていると思います。

――ライプツィヒレーバークーゼンドルトムントなどと比べ、ボルシアMGは今季欧州カップ戦に出場してないだけに、負荷という点では有利になるシーズンかもしれません。

ザカリア そう言えると思います。しかし勝利を重ねているチームにとって、良いリズムを保つために3日に1度試合をこなすことは、喜びとなる可能性もあります。我々はブンデスリーガに100パーセント集中できますし、できるだけ良い順位でいられるようすべてを出し切るだけです。

© imago / DeFodi

――激しいポジション争いがあるため、あなたは昨季ほど出番を得られていません。

ザカリア バイエルン戦のような素晴らしい試合でキックオフからピッチに立てなかったのは、もちろん残念なことです。ポジションを再び勝ち取るために、一生懸命トレーニングをする以外にありません。

――代表ウィークが終わった後、ボルシアMGは本拠地でマインツと対戦します。バイエルン戦ほどの真剣さがなくなってしまう危険性はありませんか?

ザカリア バイエルン戦で勝利を挙げた後の試合となれば非常に難しいものになりますし、マインツも常に全力を出してくる手ごわい相手です。ミュンヘンでの試合と同じような内容にするためには、我々が真剣に向かっていかなければなりません。もし同じ姿勢で試合に臨むことができれば、勝ち点3を獲得できるはずです。