Summary

  • ブンデスリーガ第7節2日目にバイエルン対ボルシアMG
  • 新加入FWプラが好調をキープ
  • 負傷離脱していた主将も復帰予定

ブンデスリーガ第7節2日目が10月6日に行われ、香川真司のドルトムントに前節首位の座を明け渡したバイエルン・ミュンヘンは、本拠地で4位ボルシアMGと対戦する。直近の公式戦3試合で1敗2分のバイエルンを相手に、ボルシアMGがどのような戦いを披露するのか――本稿では、ボルシアMGにとって有利な点を5つ紹介したい。

1)バイエルンとの相性

ブンデスリーガでの同カード通算戦績は、バイエルンが48勝23敗29分と大きくリードしているものの、近年はその傾向が薄れている。2011/12シーズン以降の直近14試合に限ればバイエルンの6勝5敗3分となっており、結果はほぼ互角。またバイエルン本拠地の試合でもボルシアMGは勝利と引き分けを2度ずつ経験している。

© DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA

2)追い風はボルシアMGに

ボルシアMGは第6節までに勝ち点11を獲得し、直近4シーズンでは最高の滑り出し。現在4位と好位置につけている。このままのペースで彼らが歩を進めていけば、今シーズンの総勝ち点は約62。欧州チャンピオンズリーグ(CL)出場権も狙えるほどだ。好調な彼らを支えているのは、現在ブンデスリーガトップクラスの走力で、1試合平均は約119km。バイエルンに引き分けたアウクスブルク、バイエルンから勝利をもぎ取ったヘルタ・ベルリンらと同等の値を叩き出している。

3)新加入FWプラが好調をキープ

バイエルンにはロベルト・レバンドフスキという世界に名立たるストライカーがいるが、ボルシアMGも負けてはいない。今夏ニース(フランス)からやってきたアラセーヌ・プラは、第2節以降毎試合ゴールに直接関与しており、すでに4得点1アシストの成績。国外からブンデスリーガへやって来た今季新加入選手で4ゴール以上を記録しているのは、唯一プラだけなのだ。またシュート数もライプツィヒのティモ・ヴェルナーに次ぐ21本を放っており、積極性も十分。ゴールに近いエリアでフリーにさせると、非常に危険な存在だ。

© gettyimages / Dean Mouharopoulos

4)アザールもトップコンディション

プラと並びボルシアMG攻撃陣を引っ張るのは、10番を背負うトルガン・アザールだ。今季は6試合中5試合にフル出場し、直近3試合連続で得点。またボルシアMGではチーム最多の「シュートにつながったラストパス本数」を記録している。

5)主将シュティンドルがついに復帰

昨季第32節シャルケ戦で左足首を負傷し、FIFAワールドカップ・ロシア大会の道も断たれた主将ラース・シュティンドルが、今季第6節でようやくベンチ入り。5カ月ぶりの試合出場は叶わなかったが、ついに復帰のめどが立った。2ー2の引き分けに終わった試合後、ディーター・ヘッキング監督は「選手たちはロッカールームでこの結果にうなだれていた。しかしラースは彼らの姿を見て『ヘイ!勝ち点1を取れたんだ!』と言葉にしていた。キャプテンが戻ってきてくれたことは、我々にとってグッドニュースだ」とコメントしている。頼れるキャプテンの戦列復帰は、チームにとって強烈な追い風となるはず。

© DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA / Koepsel