開幕2試合連続完封勝利と完璧なスタートを見せたドルトムント - © © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
開幕2試合連続完封勝利と完璧なスタートを見せたドルトムント - © © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
ブンデスリーガ

「4ー3ー3」で躍動するドルトムント

ドルトムントが開幕2連勝を飾り、ブンデスリーガの首位に立っている。得点「5」、失点「0」とここまでの2試合は試合内容も上々だが、その中でペーター・ボス新監督が目指すサッカーの方向性も見えてきた。トーマス・トゥヘル前監督との一番の違いは採用するシステムだ。

4ー3ー3システムに最適なメンバー構成

前指揮官はシーズン中に頻繁にシステムを変える監督として有名だったが、ボス監督はここまで一貫して4ー3ー3を採用。今季のドルトムントのメンバー構成を見ると、この4ー3ー3システムの採用こそが大きなアドバンテージになっているように見える。

攻撃陣にはクリスティアン・プリシッチ、マクシミリアン・フィリップ、アンドレ・シュアレ、マーコ・ロイスと、サイドで最もクオリティーを発揮する選手がそろっている。中盤に目を向ければ、ボールを奪い、さばくことに長けたヌリ・シャヒンを6番のポジション(アンカー)に起用。ここにはケガから復帰間近のユリアン・ワイグルも控えている。

その前にはゴンザロ・カストロ、マリオ・ゲッツェ、香川真司、マフムート・ダフートと、質の高いボックス・トゥ・ボックスMFがそろう。彼らは攻守の切り替え役を担いつつ、前線へのラストパスや自らのシュートで存在感を発揮できる選手たちだ。

- © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA / Lukas Schulze
- © gettyimages / Ina Fassbender