リーグ最年少監督のナゲルスマンがホッフェンハイムを率いてリーグに旋風を巻き起こしている - © gettyimages / Alex Grimm
リーグ最年少監督のナゲルスマンがホッフェンハイムを率いてリーグに旋風を巻き起こしている - © gettyimages / Alex Grimm
ブンデスリーガ

若手指揮官が巻き起こす旋風

今季のブンデスリーガは上位を珍しいクラブが占めている。11月18日にレーバークーゼンを破ったライプツィヒがついに首位へ浮上。バイエルン・ミュンヘンはいつも通りの強さを見せ、ドルトムントもそう勝ち点は離れていない。さらにはケルンヘルタ・ベルリンアイントラハト・フランクフルトといったクラブがチャンピオンズリーグ出場圏内を虎視眈々と狙っている。この状況を誰が予想しただろうか?

ホッフェンハイムも予想外の好調を見せるチームの一つだ。2016年を最下位で迎え、昨季は降格の危機に陥っていたが、2月にユリアン・ナゲルスマンが指揮官に就任したことで劇的な変化を遂げた。ナゲルスマンは今夏に就任予定だったものの、昨季途中に前倒しでU-19チームから昇格。体調不良で辞任したベテラン指揮官のフーブ・ステフェンス氏に代わり、正反対の若手指揮官が誕生した。当時28歳での就任はもちろんブンデスリーガ史上最年少。大きな注目を浴びたこの監督交代は劇的な効果をもたらした。ナゲルスマンの大胆な攻撃スタイルによってチームは降格圏を脱出、1部残留を果たしたのだ。

- © gettyimages / Matthias Hangst
- © imago / Thomas Frey