ホッフェンハイムの躍進を支えるルディは、今季終了後のバイエルン行きが決まっている - © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA / Simon Hofmann
ホッフェンハイムの躍進を支えるルディは、今季終了後のバイエルン行きが決まっている - © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA / Simon Hofmann
ブンデスリーガ

ルディ「残りのシーズンに集中」

ホッフェンハイムのゼバスティアン・ルディが2月26日のシャルケ戦で今季初ゴールをマークし、クラブでの公式戦200試合出場を自ら祝った。ルディは今季、ベンチを温める機会が多いオイゲン・ポランスキに代わりキャプテンマークを巻いてプレー。「その役割が彼に力を与えているのだと思う。私が信頼を寄せていることは彼も分かっている」と、ユリアン・ナーゲルスマン監督からもその働きぶりを高く評価されている。 ルディはホッフェンハイムの中心選手だが、来季からバイエルン・ミュンヘンの一員となることが決まっている。27歳になったばかりのドイツ代表MFに、自身とチームの成長、来季からプレーするバイエルンについて語ってもらった。

——今季最も成長した部分はどこでしょうか?

ルディ 昨年の欧州選手権(ユーロ)の登録メンバーから落選したことで、自分の中で「ここからだ!」という思いが生まれた。絶対にもう一度あそこに戻ろうと強く誓ったんだ。ユーロが開幕してからの1、2週間は落ち込んだけど、バカンスに出たことで新たなモチベーションが生まれ、良い形でシーズンをスタートすることができた。

——ナーゲルスマン監督の存在は大きいですか?

ルディ 監督は僕をどう使うべきか分かっていて、信頼もしてくれている。それに応えたいと思ってやっているよ。ユリアンは僕に良い影響を与えてくれる監督だ。彼の試合前の準備は就任当初から機能していたし、チームのみんなもすぐに信頼するようになった。彼が何かを持っている監督だということはすぐに理解したから、年齢は全く問題にはならなかったね。

——中盤の要としてリーダーシップを求められる立場です。

ルディ 僕はピッチで声を張り上げたりするタイプではないけれど、確実にボールをつなぐよう努めることで周囲の信頼を得ている。常にみんなに届くというわけではないけど、チームにとってベストな指示を出すようにしているよ。僕はピッチの上だけでなく、トレーニングルームでも常に向上しようとやっているし、競り合いもうまくなったよ。今後は相手とのボディーコンタクトなしでボールを奪えるよう、もっと安定感を身につけたいと思っている。

——好きなポジションはどこですか?

ルディ 一番力を発揮できるのは6番のポジションだ。アンカーの位置が一番好きだよ。でも、監督が右サイドで起用するならそこで全力を尽くすよ。

——お手本にしている選手はいますか?

ルディ 以前はベアント・シュナイダーをお手本にしていた。彼のプレースタイルとテクニックが好きだったんだ。見ているだけで楽しかったね。

- © gettyimages / Alexander Scheuber