ホッフェンハイムの新戦力ノートファイトは守備再構築のキーマンとして期待される - © imago
ホッフェンハイムの新戦力ノートファイトは守備再構築のキーマンとして期待される - © imago
ブンデスリーガ

ホッフェンハイム守備陣のキーマン

ホッフェンハイムは6月20日、ジャスティン・ホーグマ(ヘラクレス/オランダ)、フローリアン・グリリッチュ(ブレーメン)に続く今オフ3人目の補強選手として、ウェストハム(イングランド)からDFハバール・ノートファイトを獲得した。

ディフェンス再構築のキーマン

27歳のノルウェー代表DFは一昨季までメンヘングラートバッハ(ボルシアMG)で5年半にわたってプレー。ゼバスティアン・ルディとニクラス・ズューレがバイエルン・ミュンヘンへ、ピルミン・シュベークラーがハノーファーへと去ったホッフェンハイムの新たなキーマンとして迎え入れられた。

今季のチームを4位に導いたユリアン・ナーゲルスマン監督も、ノートファイトの能力を高く評価している。「彼は3バックも4バックもこなせるセンターバックで、ボランチとしても高い能力を持った理想的な選手だ」

アーセナルのリザーブチームで育ったノートファイトは、言葉ではなくプレーで存在感を示す不言実行タイプ。また、ガッツある選手としても知られており、ホッフェンハイムが求めていた人材に合致する。スポーツディレクターのアレクサンダー・ローゼン氏は、「ピッチ上に限らず、その人柄は素晴らしい。彼の加入で強化されるのは戦力面だけではない」とその人間性も評価している。

- © imago / Bildbyran