Summary

  • ヘルタのDFトルナリガ、1試合の出場停止
  • 第17節ライプツィヒ戦の7分に一発退場

ドイツサッカー連盟(DFB)は12月18日、原口元気が所属するヘルタ・ベルリンのジョーダン・トルナリガに1試合の出場停止処分を言い渡した。

トルナリガは17日に行われたブンデスリーガ第17節ライプツィヒ戦の7分、スルーパスに抜け出したティモ・ウェアナーをファウルで止めたことで、フランク・ウィレンボルク主審からレッドカードを提示されていた。なお、これで10人となってしまったヘルタは、この試合に3ー2で勝利している。

これにより同選手は、1月13日に開催されるブンデスリーガ第18節シュトゥットガルト戦を欠場することになった。

※ライプツィヒ対ヘルタのマッチレポはこちら