原口はシャルケ戦の前半終了間際にブルグスタラーの足首へスライディングタックル。このプレーで退場となっていた - © imago / team2
原口はシャルケ戦の前半終了間際にブルグスタラーの足首へスライディングタックル。このプレーで退場となっていた - © imago / team2
ブンデスリーガ

原口に2試合の出場停止処分

ドイツサッカー連盟(DFB)は10月16日、ヘルタ・ベルリンに所属する原口元気に2試合の出場停止処分を言い渡した。

原口は14日に行われたブンデスリーガ第8節シャルケ戦で、ギド・ブルグスタラーの足首に強烈なスライディングタックルをお見舞い。ベンヤミン・ブラント主審はこのプレーを悪質だと判断し、原口にレッドカードを提示していた。

今回の決定により、原口はブンデスリーガ第9節フライブルク戦、同第10節ハンブルガーSV戦に出場できなくなった。