ヘルタは今季のリーグ戦を6位で終え、来季のEL出場権を獲得した - © imago / Bernd Koenig
ヘルタは今季のリーグ戦を6位で終え、来季のEL出場権を獲得した - © imago / Bernd Koenig
ブンデスリーガ

ヘルタの2016/17シーズンを「数字」で振り返る

原口元気が所属するヘルタ・ベルリンは今季を6位で終え、来季の欧州リーグ(EL)出場権を獲得した。3位でウィンターブレークを迎えた時には欧州カップ戦出場は確実と思われたが、終わってみればギリギリの6位。それでも最終節で7位に転落してEL出場を逃した昨季の失望を思えば、上々の結果だったと言える。 アウェー9連敗に象徴されるように決して楽なシーズンではなかった。だが、昨季のデータと比較してみると必然の成績アップだったことがうかがえる。ヨーロッパ行きの切符を手に入れた要因はどこにあったのか? 2016/17シーズンの数字を見ながらそれを探っていく。

我がスイートホーム!

ヘルタが今季獲得した勝ち点は「49」。昨季の勝ち点「50」にはわずかに届かなかったが、ホームでは12勝1分け4敗と、昨季(9勝5分け3敗)をはるかにしのぐ好成績を残している。ホームでの勝ち点「37」はリーグ5位。本拠地ベルリンでの強さは際立っていた。

一方、敵地では大苦戦を強いられ、「アウェー9連敗」というクラブワースト記録を作ってしまった。最下位のダルムシュタットがその上をいくアウェー13連敗を喫してリーグワーストこそ免れたが、後半戦失速の大きな要因となったことは否めない。それでも2桁連敗にリーチをかけて迎えた第33節でダルムシュタットに2ー0で勝利。シーズン最後のアウェー戦でようやく連敗脱出に成功した。

敵地での不振を埋め合わせたホームゲームでの勝負強さ。それを支えたのが得点力の高さだった。チーム総得点「43」のうち65%にあたる「28」得点はホームゲームで決めたもの。また、ホーム17試合のうち無得点に終わったのは第14節のブレーメン戦(0-1)だけだった。オリンピア・シュターディオンでコンスタントにゴールが奪えたことが最終的な好成績につながったと言える。

- © imago
- © gettyimages / Boris Streubel/Bongarts
- © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA / Boris Streubel
- © imago / osnapix