Summary

  • ダールダイ政権は続く
  • 将来有望な若手たち
  • チームの根幹は変わらず

クラブ史上3番目に長い任期を誇るパル・ダールダイ監督と、将来有望なタレント多数。ヘルタ・ベルリンのファンが2018/19シーズンを心待ちにする理由とは?

1)ダールダイ政権は続く

2015年2月、ヨス・ルフカイ監督の解任に踏み切ったヘルタは、同クラブ歴代最多出場記録を持つダールダイにその座を託した。現役時代からタッグを組んでいたミヒャエル・プレーツSDとともにチームを立て直すことに成功した同監督は、すでに3年4カ月の在籍。1966年7月から1974年3月まで指揮を執ったヘルムート・クロンスバイン監督、そして1996年1月から2002年2月まで在籍したユルゲン・レーバー監督に次いで、クラブ史上3番目に長い任期となっている。クラブ幹部からの信頼も厚いダールダイ政権は、よほどのことがない限り来季も揺るがないだろう。

© gettyimages / Christof Koepsel

2)将来有望な若手たち

ダールダイ監督の就任以降、マクシミリアン・ミッテルシュテット、アーネ・マイヤー、ジョーダン・トルナリガなど10代の選手がトップチームに定着。その他にもフローリアン・バーク、ユリウス・カーデ、ヤンニ・レゲゼル、フローリアン・コールス、パルコ・ダールダイらも下部組織から引き抜かれ、ヘルタのユニフォームを着てブンデスリーガデビューを果たした。また、同クラブのU19チームは2017/18シーズンのU19ブンデスリーガ北部・北東部地区でハンブルガーSVブレーメンライプツィヒらを抑え地区優勝を果たし、優勝決定戦でもドルトムントシャルケを撃破。現行のシステムになって以降ではクラブ史上初のU19ドイツ制覇を達成するなど、今後が楽しみな若手が数多く在籍している。

© imago / Björn Draws

3)チームの根幹は変わらず

原口元気をハノーファーへ、今季24試合出場のミッチェル・ワイザーをレーバークーゼンへ放出するも、来季に向けて下部組織からマクシミリアン・プロニチェフ、デニス・ヤストルゼンブスキをトップチームに昇格させたのに加え、プレミアリーグの覇者マンチェスター・シティー(イングランド)から19歳のジャバイロ・ディルロスン、2部降格のケルンから22歳のルーカス・クリュンターも補強した。根幹を成す選手のほとんどが来季もヘルタでプレーする見込みとなっており、所属選手の意思疎通にほとんど問題はないはずだ。