元ドイツ代表の伝説のストライカーであり、名監督であるユルゲン・クリンスマン氏の長男ヨナタンがヘルタとプロ契約を結んだ
元ドイツ代表の伝説のストライカーであり、名監督であるユルゲン・クリンスマン氏の長男ヨナタンがヘルタとプロ契約を結んだ
ブンデスリーガ

ヘルタ、クリンスマン元監督の息子と契約

原口元気が所属するヘルタ・ベルリンは7月11日、GKヨナタン・クリンスマン(20)と契約したことを発表した。

ヨナタンの父親はシュトゥットガルトバイエルン・ミュンヘンで活躍したユルゲン・クリンスマン氏。ドイツ代表として1990年のワールドカップで優勝し、2006年には自国開催のワールドカップで監督として、ドイツを3位に導いた。1987/88シーズンにはブンデスリーガ得点王に輝いているクリンスマン氏だが、息子のヨナタンはストライカーではなく、194cmの長身を生かしてゴールマウスを守っている。

ヨナタンは7月3日のチーム始動日からヘルタの練習に参加。ミヒャエル・プレーツSDは同選手を約1週間観察した後、「ヨナタンの能力や強い意思は我々を納得させるものだった。彼には我々の元で足場を固め、一歩ずつ成長してほしい」と契約に至った理由を明かした。また、ショルト・ペトリGKコーチは「クリンスマンは良い右足を持っている。テクニックのレベルも高い」と話している。

- © imago / Bernd König