バイエルンから王座を奪いたいと話すドルトムントのプリシッチ - © imago
バイエルンから王座を奪いたいと話すドルトムントのプリシッチ - © imago
ブンデスリーガ

プリシッチ「優勝のチャンスがある」

現在18歳のクリスティアン・プリシッチは所属クラブのドルトムントとアメリカ代表で数々の最年少記録を塗り替えてきた。昨季はドイツサッカー連盟カップを制して自身初の主要タイトルを獲得。2017/18シーズンの開幕まで1カ月を切った今、プリシッチの気持ちはバイエルン・ミュンヘンから王座を奪うことに向いている。

プリシッチは合宿地のバート・ラガツでインタビューに応じ、「リーグ優勝できる大きなチャンスがあると思う」とコメントした。大胆不敵な言葉ではあるが、ドルトムントのプレシーズンの状況を見れば間違っていないことが分かる。第一にクラブは、エースのピエールエメリック・オバメヤンへの獲得オファーに応じないことを明言。アジアツアーではバイエルンに4ー0の完勝を収めたACミラン(イタリア)を相手にプリシッチの3アシストで3ー1の快勝を収めている。

- © gettyimages / Lintao Zhang