Summary

  • ドルトムントのプリシッチがバイエルン戦を振り返る
  • 1対1で8回勝利は今季リーグ最多

ドルトムントは11月4日に行われた“デア・クラシカー”でバイエルン・ミュンヘンに1ー3の完敗を喫した。しかし、その中で評価を上げた選手がいる。クリスティアン・プリシッチだ。

プリシッチはこの大一番で1対1に12回も挑み、うち8回で勝利。これは今季のブンデスリーガの最多記録だ。不調のチームでハイパフォーマンスを見せたプリシッチに試合を振り返ってもらった。

――1対1で8回勝利は今季リーグ最多でした…。

プリシッチ 僕の調子はかなり良かったし、今は自信を持ってやっている。でも、チームがうまくいっていない状況ではあまり意味がないよ。チームのほうが大切だ。

――ドルトムントのゲームプランは?

プリシッチ 相手に少しボールを持たせ、インサイドに入れてきたところで捕まえられると考えていた。でも、前半は僕たちにエネルギーが欠けていた。うまく準備できていなかった。

――後半、ドルトムントは反撃しましたが…。

プリシッチ 後半は頭から集中して強くいった。しっかりと自分たちの試合をすることができたよ。そういうプレーができればどんなチームが相手でも勝つチャンスはある。でも、遅すぎた。がっかりしたよ。

© gettyimages

――同じ10代のジェイドン・サンチョについては?

プリシッチ 彼の状況は僕もうれしいよ。僕も同じような道を歩んできたから、試合に出たら祝っているんだ。いいプレーを続けてくれることを願っている。僕たちを助けられるはずだからね。彼はいいヤツだし、面白いんだ。英語を話す選手が周りにいるのは楽しいね。

――インターナショナルブレークについては?

プリシッチ ドルトムントから離れるのは今の僕たちにとっていいことだと思う。でも、戻ってきたらすぐに集中して試合に備えなければいけない。いい方向に向くことを願っているよ。