今季からブンデスリーガ2部のインゴルシュタットでプレーする関根 - © © imago / Stefan Bösl
今季からブンデスリーガ2部のインゴルシュタットでプレーする関根 - © © imago / Stefan Bösl
ブンデスリーガ2部

ブンデスリーガ2部、序盤戦まとめ

関根貴大のインゴルシュタット加入、内田篤人のウニオン・ベルリン移籍で俄然注目度が増しているブンデスリーガ2部。今季はすでに第3節までを消化し、開幕3連勝を飾ったビーレフェルトが首位に立っている。宮市亮(ザンクト・パウリ)、渡辺凌磨(インゴルシュタット)、金城ジャスティン俊樹(デュッセルドルフ)も在籍するブンデスリーガ2部の序盤戦の状況をまとめた。

ブンデスリーガに先立って7月28日に開幕した今季のブンデスリーガ2部は先週末までに第3節を消化し、唯一の3連勝を飾ったビーレフェルトが首位に立っている。2部の戦いにおける最大の焦点はもちろん昇格争い。ドイツでは上位2チームにブンデスリーガ自動昇格、3位チームにはブンデスリーガ16位との昇降格プレーオフの権利が与えられる。

今季の2部には昨季ブンデスリーガから降格したインゴルシュタットとダルムシュタットを始め、ニュルンベルク、ボーフム、カイザースラウテルン、デュッセルドルフなど日本でも馴染みのあるクラブが多数在籍。他にも昨季3位に食い込んで昇降格プレーオフを戦ったブラウンシュバイク、同4位のウニオン・ベルリンなどが「2.5枠」を巡るシビアな戦いを展開している。

- © imago / Matthias Koch
- © gettyimages / Alex Grimm
- © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA