Summary

  • 前節フュルトに勝利した16位アウエと5位ビーレフェルトの勝ち点差はたったの5
  • 現状では1試合の結果で順位が大きく変動
  • 宮市のザンクト・パウリは11位、関根のインゴルシュタットは6位

ブンデスリーガ2部第27節最終日が3月19日に行われ、アウエが本拠地でフュルトを下した。現在アウエは3部3位との入れ替え戦にまわる16位に位置しているものの、第27節終了時の勝ち点は33。5位ビーレフェルトとはわずか5ポイント差という大混戦になっている。

しかしそんなビーレフェルトも、ブンデスリーガ16位との入れ替え戦に出場できる3位と現在勝ち点6差。たった1試合の結果で順位が大きく変動するこの状況について、同クラブのジェフ・サイベネ監督は「順位表を見ると、過去にないほど差が詰まっており、我々は上も下も見なければなりません。楽観視などできないのです」とコメントしている。

また宮市亮が所属するザンクト・パウリ(11位、勝ち点36)のウーベ・シュテーファーSDは「このような立ち位置はこれまでにあまりないもの」。アイントラハト・ブラウンシュバイク(9位、勝ち点36)のマーク・アーノルド強化責任者も「以前と変わらず危機的な状況です。まだ(残留を決めるには勝ち点が)足りません」と話すなど、サイベネ監督と同様の言葉は、他クラブ首脳陣からも聞こえてくる。

© imago / Zink

一方、先述のアウエは順位が1つ上のフュルトに勝利し、ここにきて直近6試合負けなし。ハネス・ドリュース監督が「非常にうれしい。だいぶ気がラクになりましたね」と語るのも無理はなく、上々の気分でインターナショナルウィークへ突入している。

約10日間の中断期間が終われば、今季リーグ戦は残りわずか7試合。全チームの3分の2以上にあたる14クラブが降格危機におびえる中、次節はそのうち10クラブが直接対決を迎える。原口元気と宇佐美貴史のデュッセルドルフが首位の足場を固めつつある一方で、2部残留をめぐる争いは今後さらに混迷していくかもしれない。

※ブンデスリーガ2部情報はこちら