2004/05シーズン開幕のブレーメン対シャルケはベーザー・シュタディオンの停電によりキックオフが65分遅延した - © © gettyimages / Alexander Hassenstein
2004/05シーズン開幕のブレーメン対シャルケはベーザー・シュタディオンの停電によりキックオフが65分遅延した - © © gettyimages / Alexander Hassenstein
ブンデスリーガ

ブンデスリーガ開幕節の豆知識(2)

2017/18シーズンのブンデスリーガおよび同2部の詳細日程が6月29日に発表され、当サイトのソーシャルメディアではその様子がライブストリームで配信されることも決まった。そこで今回は、約2カ月後に迫ったブンデスリーガ開幕節にまつわる過去のデータをまとめ、以下に紹介していく。 ※「ブンデスリーガ開幕節の豆知識(1)」はこちら

開幕節で4年連続ゴールを決めたのは、レーバークーゼンのシュテファン・キースリングと、今季限りでシャルケを去ったクラースヤン・フンテラーのみ。

2014/15シーズン開幕節にレーバークーゼンのカリム・ベララビが、リーグ史上最速となるキックオフから9秒でゴールを決めた。

1974/75シーズンの開幕節でバイエルン・ミュンヘンはキッカース・オッフェンバッハに0ー6で敗れ、最下位からのシーズンスタートとなった。バイエルンが18位となったのは、ブンデスリーガの歴史でこの時ただ1回。

しかし2016/17シーズンの開幕戦でバイエルンはブレーメンを6ー0で粉砕。バイエルンにとっては、開幕節での最高得点差での勝利となった。