カールスルーエやバイエルンで活躍したカーン氏はブンデスリーガ開幕節の勝利経験が史上最も多い - © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
カールスルーエやバイエルンで活躍したカーン氏はブンデスリーガ開幕節の勝利経験が史上最も多い - © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
ブンデスリーガ

ブンデスリーガ開幕節の豆知識(1)

2017/18シーズンのブンデスリーガおよび同2部の詳細日程が6月29日に発表され、当サイトのソーシャルメディアではその様子がライブストリームで配信されることも決まった。そこで今回は、約2カ月後に迫ったブンデスリーガ開幕節にまつわる過去のデータをまとめ、以下に紹介していく。

開幕節で最も成功を収めているのはバイエルン・ミュンヘン。平均獲得勝ち点は2.1(勝利=勝ち点3の制度になって以降)。

開幕節勝利の最多はバイエルンで33回。開幕節終了時、首位に立っていた回数も11回でバイエルンが最も多い。同項目2位はシュトゥットガルトの7回。

開幕節終了時に2位だったクラブがそのシーズンに優勝したことはたった5回しかなく、降格したのはなんと7回もある。

ブンデスリーガ創設以降の54シーズンで、計137のクラブが2部へ降格したが、そのうち47%が開幕節で黒星を喫している。

- © gettyimages / Frank Peters
- © gettyimages