Summary

  • ブンデスリーガ開幕戦、今季もバイエルンの本拠地で
  • 現行方式になって以降、スコアレスのオープニングゲームは皆無
  • 1試合平均3.5得点を記録

2018/19シーズンのブンデスリーガは8月24日に開幕の時を迎え、バイエルン・ミュンヘンが通算11度目のオープニングゲームを戦う。前年王者の本拠地で開幕戦を行う現行方式は2002/03シーズンから採用されており、前シーズンのチャンピオンが黒星を喫したことは過去16年間で1度もない。

特筆すべきは、現行のシステムとなって以降、スコアレスドローに終わった開幕戦が皆無である点だ。16試合中13試合は前年覇者が勝利をもぎ取り、引き分けに終わった3試合はいずれも2ー2という結果。2004年のブレーメンシャルケこそ1ー0という少ないスコアだったものの、平均では3.5ゴールが生まれている。

また前半のうちにゴールが入ったのは、16試合中14試合。先述のブレーメン対シャルケで唯一決まったネルソン・バルデスの得点が、2002年以降の開幕戦で最も遅い84分での先制点となっており、次点が2009年ウォルフスブルクシュトゥットガルトでズビェズダン・ミシモビッチが決めた71分のゴールだ。その一方、開幕戦最速は2002年ドルトムントヘルタ・ベルリンでバルト・ホールが決めたゴールで、キックオフからわずか55秒となっている。

現行方式での開幕戦、シーズンごとの先制ゴール記録選手は以下の通り。

シーズン   先制点の時間   選手  
2002/03   1分   バルト・ホール (ヘルタ・ベルリン)  
2003/04   16分   ゼ・ロベルト (バイエルン・ミュンヘン)  
2004/05   84分   ネルソン・バルデス (ブレーメン)  
2005/06   28分   オーウェン・ハーグリーブス (バイエルン・ミュンヘン)  
2006/07   24分   ロイ・マカーイ (バイエルン・ミュンヘン)  
2007/08   25分   レバン・コビアシビリ (シャルケ)  
2008/09   12分   バスティアン・シュバインシュタイガー (バイエルン・ミュンヘン)  
2009/10   71分   ズビェズダン・ミシモビッチ (ウォルフスブルク)  
2010/11   9分   トーマス・ミュラー (バイエルン・ミュンヘン)  
2011/12   17分   ケビン・グロスクロイツ (ドルトムント)  
2012/13   11分   マーコ・ロイス (ドルトムント)  
2013/14   12分   アリエン・ロッベン (バイエルン・ミュンヘン)  
2014/15   37分   トーマス・ミュラー (バイエルン・ミュンヘン)  
2015/16   27分   メディ・ベナティア (バイエルン・ミュンヘン)  
2016/17   9分   シャビ・アロンソ (バイエルン・ミュンヘン)
  
2017/18   9分   ニクラス・ズューレ (バイエルン・ミュンヘン)