Summary

  • ブンデスリーガ第8節、マインツ対ハンブルク
  • 日本人3選手が出場、ホームのマインツが勝利
  • 武藤、酒井の試合後インタビュー

ブンデスリーガ第8節が10月14日に行われ、武藤嘉紀が所属するマインツは本拠地で酒井高徳、伊藤達哉が所属するハンブルガーSVに3ー2で勝利した。10月6日、10日に日本代表戦を終えたばかりの武藤と酒井が試合後、インタビューに応じた。

【武藤嘉紀】

ーーコンディションはいかがですか?

武藤 めちゃくちゃ良いですが、監督が無理させたくないということで。今日は「途中からいくぞ」という話しでした。

ーー来週は金曜日にアウェー戦(シャルケ)ですから、それに向けてしっかり休ませるという感じでしょうか?

武藤 そうですね。無理させたくないのと、長いフライトだったので。でも、すごく調子も良かったので、最初から出たかったですけど、監督がそう言ってくれているし、いい感じに休めたので、次からまた働かないといけないなと思います。

ーー今日は試合がほぼ決まった時点で入りましたが、どんな狙いでしたか?

武藤 点を取りにいっていました。3ー1になっていたので、貪欲に4点目を狙いましたけど、チャンスらしいチャンスもなかったので。でも、チームが勝つことが今は一番。残留争いに入りたくないので、良かったんじゃないかなと思います。

ーー監督から信頼を寄せられています。ご自身でもエースとしての自覚はありますか?

武藤 そうですね。やっぱり、点を取らなければいけないですし、そういうチャンスもあるので。今日に関してはなかったですけど。最初から行けば、ぜったい90分のうちにビッグチャンスが1、2回あるから、そこは決めないといけないです。とにかく、そのエースの自覚というか、自分が決めてやろうとは思っていますね。

© imago / Thomas Frey

【酒井高徳】

――なかなかうまくいきませんが……。

酒井 うまくいかないというか、自分たちで崩してしまったという感じ。むしろうまくいってたと思う。立ち上がりで二度(前半と後半)もああやって失点してしまうのが、もう完全に気の緩みだと思うし、そう言うほかない。前半せっかく取り返して、自分たちのリズムでサッカーができていて、チャンスもあったのに。

――代表戦から帰ってきて、ご自身のコンディションは?

酒井 前半と後半途中までは体はよく動いていて良かったんですけど、どうしても失点してしまった後とか、受け身になる形だったり、1人で30mも40mも対応しなきゃいけないシーンが3度も4度もあったので。ちょっとそれで堪えましたね。(疲れが)なかったと言ったら嘘になるかなと思います。でも、わりとコンディションは良かったと思いますね。

――次のバイエルン・ミュンヘン戦はどう立て直しますか?

酒井 今日は五分にできる相手だったと思うが、次はそういかなくなると思うので、守備のところでしっかりコンパクトに保つのが大事になる。その辺をしっかりやらないといけないというのは第一の条件かと思います。その他は今日と同じで、自分たちがどれだけやるか次第で試合が決まると思うので、それを90分間やらないと意味がないので、しっかり意識してやらないといけないかなと思います。