Summary

  • ブンデスリーガ第8節、ドルトムント対ライプツィヒ
  • ドルトムントが今季初黒星。リーグ戦のホーム無敗記録もストップ
  • ベンチスタートの香川は退場者が出た影響もあり出番なし

ブンデスリーガ第8節が10月14日に行われ、香川真司が所属するドルトムントがホームでライプツィヒに2ー3で競り負け、今季初黒星を喫した。香川はベンチ入りしたものの出番はなかった。

ドルトムント 2ー3 ライプツィヒ

ここまで6勝1分で首位を快走するドルトムントが、勢いそののままに開始4分で試合を動かす。イルサンカーの中途半端なバックパスをオバメヤンが左サイドの高い位置でカットしてエリア内に侵入。右足の正確なシュートをゴール右隅に流し込んだ。

出鼻を挫かれたライプツィヒも10分にセットプレーのチャンスを迎える。敵陣中央でのFKをカンプルがペナルティーエリア内左に送ると、ハルステンベアクが中央へ折り返し。フリーのザビッツァーが頭で合わせてすぐさま同点ゴールを奪う。

© imago / Team 2

さらに25分、ライプツィヒが相手の一瞬の隙を突いて逆転に成功する。トーリヤンをかわして左サイドを突破したブルマがエリア内左に侵入。トーリヤンに再び詰められるが、ゴールラインギリギリから抜け出して中央へ折り返すと、最後はゴール前に走り込んだパウルゼンがゴールネットを揺らした。

1点ビハインドのドルトムントはトーリヤンとシャヒンを下げ、後半開始からプリシッチとワイグルを投入。しかし直後の47分、ソクラティスがペナルティーエリア内でオギュスタンを倒してしまいPKを献上する。さらにこのプレーでレッドカードが提示されて一発退場。ライプツィヒはこのPKをオギュスタンが自らゴール右隅に決めてリードを2点に広げた。

© gettyimages / Lars Baron/Bongarts

数的不利となったドルトムントは51分に前線のフィリップを下げ、センターバックのバルトラを投入。早くも交代枠を使い切り、香川に出番は訪れなかった。それでも56分、ハーフライン付近でオバメヤンを倒したイルサンカーがこの日2枚目のイエローカードで退場。ここから10人対10人の戦いとなる。

逆転への望みをつないだドルトムントはホームの大観衆を受けて反撃。61分にはオバメヤンが後方からウパメカノに足を踏まれてエリア内で転倒する。一度は流されたものの、ビデオ判定の結果、ドルトムントにPKが与えられると、これをオバメヤンが確実に決めて1点差に詰め寄った。

© gettyimages / Lars Baron/Bongarts

ドルトムントの反撃ムードはさらに高まるが、その後はなかなかチャンスがゴールに結びつかない。84分、右サイドで得たFKからニアのヤルモレンコがヘディングシュートを放つが、これはGK正面。アディショナルタイムにはオバメヤンが中央を抜け出してシュートを放ち、GKがブロックしたこぼれ球をヤルモレンコがダイレクトで狙うが枠を捉えられなかった。

試合はこのまま2-3で終了。ドルトムントはクロップ監督時代の2015年4月4日、レーバークーゼン戦以来となるリーグ戦でのホーム黒星を喫した。

【得点】
ドルトムント:オバメヤン(4分、64分/PK)
ライプツィヒ:ザビッツァー(10分)、パウルゼン(25分)、オギュスタン(49分/PK)

【ラインナップ】
ドルトムント(4ー3ー3)
ビュルキ;トーリヤン(46分 プリシッチ)、ソクラティス(47分 退場)、トプラク、ザガドゥ;カストロ、シャヒン(46分 ワイグル)、ゲッツェ;ヤルモレンコ、オバメヤン、フィリップ(51分 バルトラ)

ライプツィヒ(4ー4ー2)
グラシ;ベルナルド、イルサンカー(56分 退場)、ウパメカノ、ハルステンベアク;ザビッツァー(86分 オーバン)、カンプル、ケイタ(46分 デメ)、ブルマ;オギュスタン(65分 ライマー)、パウルゼン