今季リーグ戦初先発の香川は24分に先制ゴールをマーク - © gettyimages
今季リーグ戦初先発の香川は24分に先制ゴールをマーク - © gettyimages
ブンデスリーガ

香川が今季初ゴール! ドルトムントがハンブルクを下して首位をキープ

ブンデスリーガ第5節が9月20日に行われ、香川真司所属のドルトムントが酒井高徳所属のハンブルガーSVに敵地で3ー0の勝利を収めた。香川と酒井はともに今季初の先発出場を果たし、香川は今季初ゴールとなる先制点を挙げた。 ハンブルガーSV 0ー3 ドルトムント

ハンブルク酒井とドルトムント香川がともに先発に名を連ね、日本人対決が実現した一戦。ハンブルクのベンチには柏レイソルの育成組織出身で、これまで主にUー21チームでプレーしていた伊藤達哉も入った。

立ち上がりはホームのハンブルクが積極的に仕掛けて首位チーム相手に健闘するが、より多くのチャンスを作ったのはドルトムントだった。8分、オバメヤンとのパス交換からプリシッチが際どいシュートを放つと、16分にはオバメヤンのヘディングシュートが右ポストをかすめる。

試合が動いたのは24分、ドルトムントはヤルモレンコのFKからゴール前に飛び込んだトプラクがヘディングシュート。コース上にいた香川がブロックする形になってしまうが、こぼれ球を香川が自ら蹴り込んで先制点を挙げた。

- © gettyimages
- © gettyimages