ミュラー、レバンドフスキらのゴールでバイエルンが快勝。前節の敗戦を払拭した - © © imago
ミュラー、レバンドフスキらのゴールでバイエルンが快勝。前節の敗戦を払拭した - © © imago
ブンデスリーガ

バイエルンが4発大勝。武藤は途中出場も2試合連続ゴールならず

ブンデスリーガ第4節が9月16日に行われ、武藤嘉紀が所属するマインツが敵地でバイエルン・ミュンヘンに0ー4で敗れた。ベンチスタートの武藤は76分から出場した。 バイエルン・ミュンヘン 4ー0 マインツ

試合はキックオフ直後からバイエルンがボールを保持する展開となるが、先にチャンスを迎えたのはアウェーのマインツだった。7分、相手のパスミスを拾ったブロジンスキが狙いすまして際どいミドルシュートを放つと、8分にはセルダルが敵陣ペナルティーエリア付近でビダルからボールを奪い、デブラシスがフィニッシュまで持ち込む。

しかし、マインツの攻勢はここまで。11分、左サイドから右サイドへ流れたボールをキミッヒがグラウンダーで中央に折り返すと、ミュラーがダイレクトシュート。これが前方のロッベンをかすめるようにしてゴールネットに吸い込まれ、バイエルンが先制に成功した。

- © gettyimages
- © imago
- © imago / Eibner