ハンブルクは勝てば自動降格圏脱出の可能性があったが、敵地で完敗を喫した - © © gettyimages
ハンブルクは勝てば自動降格圏脱出の可能性があったが、敵地で完敗を喫した - © © gettyimages
ブンデスリーガ

ハンブルク、降格圏脱出ならず。残留争いの行方は運命の最終節へ

ブンデスリーガ第33節が5月5日に行われ、長谷部誠、鎌田大地が所属するアイントラハト・フランクフルトがホームで酒井高徳、伊藤達哉が所属するハンブルガーSVに3ー0で勝利した。長谷部は出場停止、鎌田はベンチ外で欠場、酒井と伊藤はともに先発出場した。 アイントラハト・フランクフルト 3ー0 ハンブルガーSV

2連勝と勢いに乗るハンブルクがフランクフルトのホームに乗り込んだ一戦は、立ち上がりから両者一歩も引かない一進一退の展開となる。こう着状態は20分過ぎまで続いたが、ハンブルクは25分にハントのスルーパスに抜け出した伊藤が冷静に流し込んでゴールネットを揺らす。しかし、これはオフサイドの判定でノーゴール。伊藤のブンデスリーガ初ゴールは幻に終わった。

対するフランクフルトは31分、GKフラデツキーのパスを受けたウィレムスがドリブルで左サイドを駆け上がって敵陣に侵入。前線のハラーにボールを預けると、ハラーのスルーパスに反応したウォルフが確実に決めて先制点を奪う。

- © imago / Jan Huebner
- © gettyimages / Alex Grimm
- © imago / Jan Huebner
- © gettyimages / Matthias Hangst