第30節ではダルムシュタットの降格、ホッフェンハイムの4位以上が確定する可能性がある - © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA / Alexander Scheuber
第30節ではダルムシュタットの降格、ホッフェンハイムの4位以上が確定する可能性がある - © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA / Alexander Scheuber
ブンデスリーガ

ブンデスリーガ第30節、確定の可能性

2016/17シーズンのブンデスリーガも、いよいよ残り5試合。今後は、毎週末すべての試合から今まで以上に目が離せなくなるだろう。ただし、残留争いや欧州リーグ(EL)出場権争いが過熱する一方で、4月21~23日に行われる第30節ではいくつかの事柄が決定する可能性もある。

【ライプツィヒの3位以上】

香川真司が所属するドルトムントホッフェンハイムがともに敗れ、ライプツィヒが勝利をモノにすれば、ライプツィヒの今季3位以上が確定する。なぜならこの条件では、ライプツィヒの勝ち点が64となり、ホッフェンハイムは54、ドルトムントは53ポイントのまま。残り4試合をライプツィヒが全敗したとしても、ホッフェンハイムとドルトムントは直接対決を残しているため、両クラブがともにライプツィヒを上回ることはなくなる。

【ホッフェンハイムの4位以上】

- © imago