大迫は第7節のライプツィヒ戦以来となる今季2点目を挙げた - © © gettyimages / Alex Grimm
大迫は第7節のライプツィヒ戦以来となる今季2点目を挙げた - © © gettyimages / Alex Grimm
ブンデスリーガ

ケルンがハノーファーと引き分け。大迫の先制弾も勝ち点3には届かず

ブンデスリーガ第23節の2日目が2月17日に行われ、大迫勇也が所属するケルンがホームでハノーファーと1ー1で引き分けた。3試合ぶりに先発出場した大迫は前半に先制点をマークした。 ケルン 1ー1 ハノーファー

ケルンは体調不良で2試合を欠場していた大迫を先発に起用。その大迫が復帰戦で2連敗中のチームに貴重な先制点をもたらす。30分、右サイドで得たFKをヘクターがゴール前に入れると、ファーサイドでセカンドボールを拾った大迫が相手DFをかわして左足を一閃。豪快なシュートを突き刺し、第7節以来となる今季2点目を挙げた。

- © gettyimages / Alex Grimm
- © imago / DeFodi
- © imago / Revierfoto