大迫は何度か得点チャンスを迎えたものの、ゴールは奪えなかった - © © imago / Eibner
大迫は何度か得点チャンスを迎えたものの、ゴールは奪えなかった - © © imago / Eibner
ブンデスリーガ

ケルン、4連勝ならず。後半に追いつかれてアウクスブルクと引き分け

ブンデスリーガ第20節の2日目が1月27日に行われ、大迫勇也が所属するケルンがホームでアウクスブルクと1ー1で引き分けた。2試合連続先発の大迫は71分までプレーした。 ケルン 1ー1 アウクスブルク

序盤はテロッデ、フィンボガソンの両エースになかなかボールが入らず、中盤での激しい主導権争いが続く。ケルンは12分にヨイッチが、アウクスブルクも18分にバイヤーがそれぞれチームのファーストシュートを放つが、相手を脅かすまでには至らない。

20分過ぎにはケルンにアクシデントが発生。空中戦の競り合いで頭を強く打ったヘーガーがプレー続行不可能となり、代わってレーマンがピッチに送り出された。26分には左サイドでボールを受けた大迫が相手DFを一人かわして中央へパス。こぼれ球を拾ったテロッデがフィニッシュまで持ち込んだが、これはGKヒッツが辛うじて枠外に弾き出す。

ケルンは32分、右サイドに開いてボールを受けたテロッデが中央へグラウンダーのパス。ゴール前に走り込んだクレメンスが狙うが、シュートは枠を捉えることができない。ゲームが動いたのは40分、ゴール正面やや左で得たFKをヨイッチが直接ねじ込んでケルンが先制に成功。ケルンは前半アディショナルタイムにも左CKから大迫が決定的なヘディングシュートを放つが、これはGKのセーブに阻まれて追加点とはならなかった。

- © gettyimages / Maja Hitij
- © imago / Eibner